スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お梅 明治一代女のお稽古をご紹介

お梅 明治一代女の踊りを表現しました踊りです
一部ご紹介~

[広告] VPS
スポンサーサイト

ワークショップのお知らせ英語バージョンです

eigo 40


<日本舞踊・お稽古・歌舞伎・女形・小金井・Fujishiroryu>

続きを読む

「富士城流創流七周年記念公演」大阪国立文楽劇場
夜の部での家元、緋牡丹博徒の動画をアップしました

歌あり立ち回りありの富士城流特有の芝舞踊動画でございます

[広告] VPS


「富士城流創流七周年記念公演」大阪国立文楽劇場

9月の東京のお稽古のお知らせでございます

次回の東京のお稽古は9月23日でございます。
歌舞伎舞踊・文楽でおなじみの壺坂霊験記を題材にした踊りをお稽古予定です


盲目の沢市は、妻のお里が明け方になると出掛けていくのに気付き、男ができたのではと疑い妻を問い詰める。お里はこの三年間、沢市の目が治るようにと壷阪寺の観音様に願掛けに行っていたと打ち明ける。邪推を恥じた沢市は、お里とともに観音詣りを始めるが、目の見えない自分がいては将来お里の足手まといになると考え、満願の日にお里に隠れて滝壺に身を投げる。夫の死を知り悲しんだお里も、夫のあとを追って身を投げてしまう。二人の夫婦愛を聞き届けた観音の霊験により奇跡が起こり、二人は助かり、沢市の目も再び見えるようになる

ウィキペディアより抜粋


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。